〒060-8638
北海道札幌市北区北15条西7丁目
Tel / 011-706-7377 (内線7377)
Fax / 011-706-7378

北海道大学病院救急科 ホーム > 早川峰司 救急・集中治療 2015 27巻: 965-972.

業績紹介

早川峰司 救急・集中治療 2015 27巻: 965-972.2016.3.29

photo早川

【sepsis・SIRS-その常識は正しいか?-】
免疫グロブリン 重症敗血症には免疫グロブリンを投与する
早川峰司
救急・集中治療 2015 27巻: 965-972
医中誌ID:2016086540

論文へのリンク(外部サイト)

http://www.sogo-igaku.co.jp/eshopdo/refer/vid538.html

著者コメント

皆さん、重症敗血症にIVIGは投与されますか?重症感染症に対するIVIGは保険適応がありますが、世界的に見ると、どの程度のエビデンスがあるのでしょう?その辺りを、まとめてみた論文です。因みに、私はIVIGは投与します。

論文要旨
  • 敗血症急性期には内因性の免疫グロブリンが低下する。
  • 日本国内の多施設非盲検RCTでは、IVIG投与により臨床症状が有意に改善した。
  • 624名の成人sepsis患者が対象となったRCTでは死亡率の改善を認めなかったが、人工呼吸器装着期間やICU生存率などは改善した。
  • 海外の免疫グロブリンの投与量は非常に多い。
  • Surviving sepsis campaign guidelineと日本版敗血症診療ガイドラインでは、推奨内容が異なる。

top