北海道大学病院 救急科 | 北海道大学 大学院医学研究科 侵襲制御医学講座 救急医学分野

〒060-8638
北海道札幌市北区北15条西7丁目
Tel / 011-706-7377 (内線7377)

お問い合わせ

2020年の業績

総説・解説(和文)

  1. 和田剛志:【集中治療医学レビュー 最新主要文献と解説 2020-’21】I章 集中治療管理 血液凝固線溶系管理
    集中治療医学レビュー 21:64-70, 2020
  2. 斉藤智誉:【ICU治療指針 III】緊急病態と処置 胸痛・背部痛
    救急・集中治療 31:1423-1427, 2020
  3. 吉田知由:【ICU治療指針 III】緊急病態と処置
    気道確保困難症 31:1397-1401, 2020
  4. 定本圭弘、早川峰司:【最新 救急医療機器総覧 2020】動脈圧心拍出量・経肺熱希釈モニター
    救急医学 7:828-831, 2020
  5. 和田剛志、土田拓見:【災害医療2020 大規模イベント、テロ対応を含めて】(第IV章)災害現場での医療判断と対応 各種ショックへの対応
    日本医師会雑誌 149:150-154, 2020
  6. 和田剛志:線溶亢進型DIC(第4回) 心停止蘇生と線溶亢進型DIC
    Thrombosis Medicine 10:138-142, 2020
  7. 早川峰司:【手術侵襲と凝固異常】外傷関連手術侵襲と凝固異常
    Thrombosis Medicine 10:204-208, 2020
  8. 定本圭弘、早川峰司:泌尿器科診療に役立つ周辺手技と処置(第29回)急性酸塩基平衡障害の治療 Stewart approachによる代謝性アシドーシスの解釈. 泌外 33:50-3, 2020
  9. 和田剛志:CRASH-3試験とトラネキサム酸
    Thrombosis Medicine 10:299-303, 2020
  10. 土田拓見、和田剛志:9. 播種性血管内凝固症候群(DIC) 月間薬事 周術期の薬の使い方
    パーフェクトガイド 63:559-566, 2020

症例報告(和文)

  1. 本間慶憲、早川峰司、富田明子、坂東敬介、櫻井圭祐、提嶋久子:体外式膜型人工肺と血液吸着療法が奏効した界面活性剤中毒に伴う急性呼吸促迫症候群の1例
    日本救急医学会雑誌 31:120-125, 2020
  2. 糸洲佑介、斉藤仁志、打浪有可、本間慶憲、吉田知由、干野晃嗣、西川直樹、森本裕二:ECMO補助下の呼吸不全患者の航空搬送経験
    日本集中治療医学会雑誌【短報】 27:491-492, 2020

総説・解説(英文)

  1. Gando S, Wada T: 14 Disseminated Intravascular Coagulation.
    Trauma-induced Coagulopathy 2nd Edition 217-242, 2020

原著(英文)

  1. Azuhata H, Hayakawa T, Maekawa M, Komatsu K, Kuwana, Kawano T, D, Nakamura D, Knoshita K, Wada T, Tanjoh K: Supernormal Antithrombin Activity Is an Independent Predictor of In-Hospital Mortality in Patients With Sepsis: A Retrospective Observational Study.
    Clin Appl Thromb Hemost 26:1-7, 2020
  2. Hayakawa M, Ooyasu T, Sadamoto Y, Saito T, Yoshida T, Katabami K, Wada T, Maekawa K, Ieko M: Microparticles and Nucleosomes Are Released From Parenchymal Cells Destroyed After Injury in a Rat Model of Blunt Trauma.
    Clin Appl Thromb Hemost 26:1-8, 2020
  3. Gando S, Shiraishi A, Wada T, Yamakawa K, Fujishima S, Saitoh D, Kushimoto S, Ogura H, Abe T, Otomo Y. J Thromb Haemost.: A multicenter prospective validation study on disseminated intravascular coagulation in trauma-induced coagulopathy.
    J Thromb Haemost 18:2232-2244, 2020
  4. Itagaki Y, Hayakawa M, Maekawa K, Saito T, Kodate A, Honma Y, Mizugaki A, Yoshida T, Ohyasu T, Katabami K, Wada T, Affiliations Expand: Early administration of fibrinogen concentrate is associated with improved survival among severe trauma patients: a single-centre propensity score-matched analysis.
    World J Emerg Surg 15:7, 2020
  5. Hayakawa M, Tagami T, Iijima H, Kudo D, Sekine K, Ogura T, Yumoto T, Kondo Y, Endo A, Ito K, Matsumura Y, Kushimoto S: Restrictive transfusion strategy for critically injured patients (RESTRIC) trial: a study protocol for a cluster-randomised, crossover non-inferiority trial.
    BMJ Open 6;10(9), 2020
  6. Kumano O, Ieko M, Komiyama Y, Naito S, Yoshida M, Takahashi N, Ohmura K, Hayakawa M: Characterization of fibrin/fibrinogen degradation products reagents and their utility in critical care patients with enhanced fibrinolysis.
    Int J Lab Hematol, 2020
  7. Saito T, Hayakawa M, Honma Y, Mizugaki A, Yoshida T, Katabami K, Wada T, Maekawa K; Relationship Between Severity of Fibrinolysis Based on Rotational Thromboelastometry and Conventional Fibrinolysis Markers.
    Clin Appl Thromb Hemost 26: 1076029620933003, 2020
  8. Nakashima T, Miyamoto K, Shimokawa T, Kato S, Hayakawa M: The Association Between Sequential Organ Failure Assessment Scores and Mortality in Patients With Sepsis During the First Week: The JSEPTIC DIC Study.
    J Intensive Care Med 35:656-662, 2020

国際学会

一般演題
  1. Maekawa K, Hayakawa M, Takahashi M, Tomita A, Yoshida T, Katabami K, Wada T
    Are younger women better? reproductive women had better Outcome after out-of-hospital cardiac arrest
    Society of Critical Care Medicine 49th Critical Care Congress Orlando
  2. Wada T
    Optimal patient selection for anticoagulant therapy in sepsis cases based on the JAAM DIC criteria
    The International Society on Thrombosis & Haemostasis 2020 Virtual Congress
  3. Wada T
    The mechanism underlying improved innate immune responses associated with substance p against pneumonia secondary to mild traumatic brain injury–The involvement of nalp1 inflammasomes
    43rd Annual Conference on Shock Toronto

全国学会

ランチョンセミナー
  1. 和田剛志
    12月7日 ランチョンセミナー2
    「DIC診断と治療」敗血症と外傷の側面から~得られているエビデンスから将来の方向性を探る
    第34日本外傷学会・学術集会
イブニングセミナー
  1. 和田剛志
    11月18日 イブニングセミナー
    「J-SSCGにおける敗血症性DIC対策とその課題」
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
シンポジウム・パネルディスカッション
  1. 和田剛志
    3月7日 シンポジウム3 TMA(血栓性微小血管症)の診断と治療
    「TMAの遺伝子解析」
    第47回日本集中治療医学会学術集会 Web開催(動画収録)
  2. 和田剛志
    3月6日 Pros & Cons 2 -DICは過去の疾患概念か?-
    We love DIC
    第47回日本集中治療医学会学術集会 Web開催(動画収録)
  3. 方波見謙一
    11月20日 シンポジウム11
    Point-of-Care超音波の展開-救急科専門医の到達目標
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
  4. 和田剛志、丸藤哲、白石淳、山川一馬、藤島清太郎、斎藤大蔵、久志本茂樹、小倉裕司、阿部智一、大友康裕
    11月19日 シンポジウム2
    外傷性凝固障害(Trauma-induced coagulopathy) -Trauma-induced coagulopathyとDICは同一の病態である- JAAM FORECAST TRAUMA
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
  5. 高氏修平、早川峰司、藤田智、ICE-CRASH study group
    11月20日 ワークショップ2 学会主導研究報告会
    偶発性低体温症に対するECMOの有用性についての学会主導多施設共同前向き観察研究(ICE-CRASH study)
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
  6. 工藤大介、後藤匡啓、内御堂亮、早川峰司、山川一馬、阿部智一、白石淳、久志本成樹
    11月19日 パネルディスカッション14 敗血症研究の最前線
    凝固マーカーによる敗血症患者phenotypingとリコンビナントトロンボモジュリンの治療効果
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
  7. 工藤大介、早川峰司、久志本成樹
    Web開催 パネルディスカッション4 救急領域のAI研究と実用化
    救急領域のAI研究と実用化 人工知能による救急傷病者のCT画像診断システム開発
    第23回日本臨床救急医学会
  8. 板垣有紀、早川峰司、小舘旭
    Web開催 シンポジウム11 外傷診療アップデート2020~自施設での取り組みを含めて~
    重症外傷におけるフィブリノゲンの早期投与
    第23回日本臨床救急医学会
一般演題
  1. 高橋正樹、和田剛志、執行亜希子、中嶋拓磨、田原就、吉田知由、方波見謙一、前川邦彦、早川峰司
    Web開催 ポスター「多臓器不全・ショック」
    バソプレシン投与におけるショック離脱予測因子の検討
    第48回日本救急医学会総会・学術集会
  2. 高橋正樹、吉田知由、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、早川峰司
    12月7日 一般演題 腹部外傷2
    Non-operative managementにより良好な転帰を得た胸腹部刺創の一例
    第34回日本外傷学会総会・学術集会
  3. 岡本花織、太田稔、矢萩亮児、川端和美、吉田知由、糸洲佑介、斉藤仁志、森本裕二
    Web開催 O-71 補助循環③
    陸空路ECMO搬送時のバックボード装着型架台の構築と搬送経験
    第30回日本臨床工学会
  4. 田原就、早川峰司、執行亜希子、田中祥平、中嶋拓磨、高橋正樹、土田拓見、定本圭弘、川原翔太、本間慶憲
    11月18日 口演「PCPS・ECMO、呼吸管理」
    用手圧迫法によるVA-ECMOの送血管抜去に伴う仮性動脈瘤の形成頻度
    第48回日本救急医学会総会・学術集会

地方会

座長・司会
  1. (座長)早川峰司
    9月26日 救急領域講習
    日本集中治療医学会第4回北海道支部
  2. (座長)早川峰司
    10月17日 一般演題6「専攻医」
    第44回北海道救急医学会学術集会
一般演題
  1. 髙橋正樹、早川峰司、前川邦彦、和田剛志、方波見謙一、吉田知由
    9月26日 一般演題7 中毒、外傷・熱傷
    当院における重症熱傷患者の予後予測因子の検討
    日本集中治療医学会第4回北海道支部
  2. 執行亜希子、早川峰司、前川邦彦、和田剛志、方波見謙一、吉田知由、斉藤智誉、土田拓見、定本圭弘、早水真理子、川原翔太、本間慶憲、太安孝充、髙橋正樹、田原就、田中祥平、中嶋拓磨
    9月26日 一般演題7 中毒、外傷・熱傷
    外尿道口の出血を伴わない尿道損傷の1例
    日本集中治療医学会第4回北海道支部
  3. 田原就、早川峰司、前川邦彦、和田剛志、方波見謙一、吉田知由、斉藤智誉、田中祥平、中嶋拓磨、執行亜希子、高橋正樹、土田拓見、定本圭弘、川原翔太
    2020年10月17日
    外傷性門脈瘤に対して保存的加療により改善を得た1例
    第44回北海道救急医学会学術集会
  4. 中嶋拓磨、早川峰司、執行亜希子、田中祥平、高橋正樹、田原就、土田拓見、定本圭弘、川原翔太、本間慶憲、水柿明日美、太安孝允、早水真理子、斉藤智誉、吉田知由、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦
    2020年10月17日
    飢餓による高度なケトアシドーシスの一例
    第44回北海道救急医学会学術集会
  5. 田中祥平、方波見謙一、執行亜希子、中嶋拓磨、田原就、高橋正樹、土田拓見、定本圭弘、川原翔太、本間慶憲、水柿明日美、太安孝允、斉藤智誉、吉田知由、和田剛志、前川邦彦、早川峰司
    2020年10月17日
    ステント治療後外傷性気管損傷患者が退院後遅発性気管断裂により心肺停止に至りECMO導入し救命した1例
    第44回北海道救急医学会学術集会

講演会等

講演会等の講演講師・演者
  1. 和田剛志:北大病院救急科におけるPCAS(post-cardiac arrest syndrome: 心停止後症候群)の実際とフィコンパについて
    Eisai Lecture Meeting 2020年1月 札幌
  2. 早川峰司:敗血症性DICの病態を考慮した遺伝子組換えトロンボモジュリンの適正投与の重要性
    第12回リコモジュリンWeb講演会 2020年1月 札幌
  3. 和田剛志:『J-SSCG2020の「敗血症性におけるDIC診断と治療」から一歩進んで考える』
    浜松地区DICセミナー 2020年12月 浜松
  4. 和田剛志:J-SSCG2020「敗血症性におけるDIC診断と治療」~骨子とその学術的背景(+私見)
    旭化成ファーマ社内講演会 2020年12月 札幌
講習会等の講師
  1. 早川峰司:敗血症性DIC その病態と治療 第4回茨城敗血症道場 2020年1月 茨城
  2. 方波見謙一:気管挿管認定救急救命士の再認定講習 2020年1月 滝川
  3. 早川峰司:DICの凝固線溶系異常~外傷性DICと敗血症性DIC~ 第30回大阪DIC研究会 2020年2月 大阪
  4. 和田剛志:外傷学 函館中央病院モーニングレクチャー 2020年2月 函館

その他活動・その他文書(アドバイザー・監修等)

  1. 和田 剛志:札幌総合法律事務所 弁護士アドバイザー 2020年2月 札幌