先進急性期医療センター ホーム > 臨床研修 > 研修医へのインタビュー > バックナンバー[第6回]草地麻実先生

臨床研修

研修医へのインタビュー - 草地麻実先生

草地麻実先生プロフィール

  • 1987年 北海道美唄市生まれ
  • 札幌南高卒業後、長崎大学医学部入学
  • 2013年3月 同大医学部卒業

対人関係が上手くない自分を直そうと医学部へ

草地先生の写真

草地先生は高校の時、対人関係がうまく築けない自分に気がついた。
「しかし、このまま大学、社会に出ても、その中でうまくやって行けるのだろうか?」と悩みながら思春期を過ごしてきたという。
成績はそれなりによかった。高校も札幌市内屈指の進学校でもあった。医学部を目指そうと思ったのは、そんな自分をなんとかしなくてはいけないな、という思いと、自分と同じように悩んでいる人の心を少しでも手助けできる仕事がいいのかもと考えて、精神科医を目指すべく医学部への進学を希望したのだそうだ。
一浪して目指した大学は長崎大学医学部。北国から南の九州・長崎を目指したのには、ちょっとした理由があった。
自身の成績的な側面もあったが、それよりも、道産子として育った草地先生は、北海道以外で当然のことながら暮らしたことがない。道外での暮らしを経験してみたかったというのだ。
「結果的に長崎に行ってよかったです。北海道という地元の良さを再確認できました。札幌に戻って医者になろうと思えました」と草地先生は微笑む。
大学では弓道部に入り、弓を引き的を射るキャンパスライフも楽しんだ。弓道は大学に入ってから初めての経験だったという。「部活では、良い友だちに出会えたのが良かった」と。
地元の良さを再認識という草地先生は、6年間の医学部を終えると、初期臨床研修の場として北海道大学病院を選び、迷うことなく札幌に帰郷した。

救急では自分の「足りなさを」実感

救急の研修に入ってから、いかに自分が考えずに今まで研修を積んできたのか、一人でやれることの少なさを実感したという。
どの研修医も同じことを口にするが、草地さんも同じように、「これまで回って来た研修では、自分で処方箋の指示を出したり、今の患者の状態をどう管理したりしていけばいいのかを一人で考えてやってくることがなかった」と話す。
草地先生は、神経内科、第二内科(糖尿病・内分泌グループ)、精神科、呼吸器内科、皮膚科、麻酔科と研修を積み、1年目の最期の2ヶ月間、救急を希望した。それだけに救急の研修では、自分で考え、自分で診断や治療方法の判断する場を与えてもらったことをありがたく思っている。
もちろん、救急に来た当初は戸惑いの連続。どうすればいいのか分からない状態だった。
「初日に、指導医から、自分でこの患者さんの処方を考えてね」と言われた草地先生は、思わず「はい!」と言ったものの、何から始めていいのか途方にくれてしまった。
「患者さんの状態もあり、処方するのにそんなに長いこと待っていられない。締め切りがある。自分で何とか考え、アドバイスをたくさんもらって、乗り切りました」と草地先生は初日のできごとを振り返る。
今でも患者の水の出し入れの管理など勉強することが多く、「今でも、まだまだだなと、毎日、思っています」と草地先生は話し、「特に救急は多種多様な疾患の患者が搬送されてくるために、いろいろな勉強をする機会が多いです」と言葉をつないだ。
「これまでの研修は受け身だったので、」という言葉を何度か口にしてきた草地先生だが、「自分からできるように、今から何でもやれるように動かなければならないのをここに来て実感しました」と救急での積極さ、前向きさの大切さを実感している。
草地先生は「二ヶ月(の救急での研修)でそんなに自分が変われたのかなあ? たった二ヶ月なので…。でも、来たときよりはちょっとは前進したかと思います」とゆっくり言葉を選びながら話した。
飛行機の中で急患が出て、「お医者さまがいらしたら…」というアナウンスがあったとしても、草地先生は「まだ、そこまでは。ちょっと自信がないですね」と名乗り出る不安を感じている気持ちを素直に語った。決してできないという意味ではない。

精神科と救急のつながりを認識

精神科に興味を抱く草地先生は、救急と精神科が実はつながりの多いところだと研修を始めるまで思い及ばなかったという。3次救急で運ばれてくる患者の中には、精神疾患から自殺をはかったり、過量服薬をしたりして重体となって運ばれてくるなるケースが多いためだ。
草地先生は「最初は気がつきませんでしたけど、徐々にですかねえ。私が当直の時に、なぜか多くて。それでと思いました」と話す。
それまで意識もしてこなかった精神科と救急の関連。「ここ(救急)では関わりのあるところなのだと思いました」と草地先生は、ゆっくり印象を話す。
自称「のんびりしているタイプ」。なおさら瞬時に判断して診断・治療と進む救急に対して、苦手意識があったという。
今でもそれはもちろんある。刻一刻と変わっていく病体に対応するのが難しかったり、数多くかかってくる看護師さんからの電話対応がうまくできなかったり、とっさの判断が難しく、新たな知識が多く、それを理解するのが大変だったりと、心身ともに一杯一杯の状態には変わりはない。
しかし、その相関関係に気がついてから、「初期対応など素早くできるようになることが大切なのだと思いました。全身管理できるようになれなければ医師としても駄目だと思いますし」と草地先生は話す。

この4月からは札幌市内のKKR札幌医療センターで研修2年目の研鑽を重ねる。内科を中心にまわる予定だという。
将来の医師像について、「救急の上の先生のように、何か核となる芯を持った医者で、患者にどうすればベストなのかを考えられる医者になりたいです」と草地先生は口元に笑みをたたえた。