先進急性期医療センター ホーム > 業績紹介 > 2017年の業績

業績紹介

2017年の業績

著書(和文)

  1. 丸藤哲:DICの定義と診断
    《救急・集中治療アドバンス》重症患者における炎症と凝固・線溶反応
    松田直之 編
    p.22-26, 2017 中山書店, 東京

編集(和文)

  1. 丸藤哲:外傷性凝固障害の病態と対応
    Thrombosis Medicine 7:2017

総説・解説(和文)

  1. 丸藤哲:DIC診断と治療の考え方―敗血症と外傷での検討―
    日本血栓止血学会誌 28:492-501, 2017
  2. 丸藤哲:外傷性凝固障害の病態生理の論点を整理する
    Thrombosis Medicine 2:245-249, 2017
  3. 早川峰司:【輸血による止血戦略】救急領域におけるフィブリノゲン製剤投与の実際と意義
    血液フロンティア 27, 1153-61, 2017
  4. 早川峰司:【外傷性凝固障害の病態と対応】外傷性DICの病態 線溶亢進から線溶抑制へ
    Thrombosis Medicine 7, 250-6, 2017
  5. 西田修、小倉裕司、井上茂亮、射場敏明、今泉均、江木盛時、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞広智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松嶋麻子、松田直之、織田成人、田中裕、青山和由、小豆畑丈夫、井手健太郎、大嶋清宏、大沼哲、小野寺睦雄、海塚安郎、川崎達也、神應知道、黒田浩光、後藤孝治、近藤豊、齋藤伸行、坂本壮、櫻谷正明、笹野幹雄、佐藤格夫、澤村淳、清水健太郎、白井邦博、角由佳、滝本浩平、武居哲洋、竹内宗之、巽博臣、谷口巧、鶴田良介、土井研人、土井松幸、長江正晴、橋本悟、長谷川隆一、畠山淳司、早川峰司、林田敬、原嘉孝、東別府直紀、一二三亨、平井克樹、廣瀬智也、福田龍将、藤村直幸、福家良太、松田明久、松本正太朗、安田英人、矢田部智昭、山川一馬、山下和人、山下千鶴、山直也、吉田健史、日本版敗血症診療ガイドライン作成特別委員会:日本版敗血症診療ガイドライン2016
    日本救急医学会雑誌 28, S1-S232, 2017
  6. 江木盛時、安田英人、海塚安郎、角由佳、吉田健史、橋本悟、原嘉孝、後藤孝治、黒田浩光、佐藤格夫、坂本壮、笹野幹雄、山直也、山下千鶴、山下和人、小豆畑丈夫、松田明久、神應知道、清水健太郎、早川峰司、大沼哲、大嶋清宏、滝本浩平、巽博臣、谷口巧、長谷川隆一、鶴田良介、土井研人、土井松幸、東別府直紀、藤村直幸、白井邦博、福家良太、福田龍将、矢田部智昭、林田敬、西田修、小倉裕司、井上茂亮、射場敏明、今泉均、垣花泰之、久志本成樹、小谷穣治、貞広智仁、志馬伸朗、中川聡、中田孝明、布宮伸、林淑朗、藤島清太郎、升田好樹、松嶋麻子、松田直之、織田成人、田中裕、日本版敗血症診療ガイドライン作成特別委員会:日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く 日本版敗血症診療ガイドライン2016における推奨紹介
    日本集中治療医学会雑誌 24, SY12-8, 2017
  7. 吉田知由、早川峰司:【ERでの鎮痛と鎮静-非日常へのレジリエントな対応】鎮痛・鎮静の実際 処置別編 気管挿管
    救急医学 41, 1591-6, 2017
  8. 和田剛志:【外傷性凝固障害の病態の対応】頭部外傷の凝固線溶変化
    Thrombosis Medicine 7:257-264, 2017

総説・解説(英文)

  1. Meziani F, Gando S, Vincent JL: Should all patients with sepsis receive anticoagulation? Yes.
    Intensive Care Medicine 43:452-454, 2017
    DOI: 10.1007/s00134-016-4621-z
  2. Hayakawa M: Pathophysiology of trauma-induced coagulopathy: disseminated intravascular coagulation with the fibrinolytic phenotype.
    Journal of Intensive Care 5:14, 2017
    DOI: 10.1186/s40560-016-0200-1
  3. Hayakawa Mineji: Dynamics of fibrinogen in acute phases of trauma.
    Journal of Intensive Care 5:3, 2017
    DOI: 10.1186/s40560-016-0199-3
  4. Wada T: Coagulofibrinolytic Changes in Patients with Post-cardiac Arrest Syndrome.
    Frontiers in Medicine 29;4:156, 2017
    DOI: 10.3389/fmed.2017.00156

原著(英文)

  1. Ono Y, Hayakawa M, Maekawa K, Kodate A, Sadamoto Y, Tominaga N, Murakami H, Yoshida T, Katabami K, Wada T, Sageshima H, Sawamura A, Gando S: Fibrin/fibrinogen degradation products (FDP) at hospital admission predict neurological outcomes in out-of-hospital cardiac arrest patients.
    Resuscitation 111:62-67, 2017
    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2016.11.017
  2. Hayakawa M, Kushimoto S, Watanabe E, Goto K, Suzuki Y, Kotani T, Kiguchi T, Yatabe T, Tagawa J, Komatsu F, Gando S: Pharmacokinetics of recombinant human soluble thrombomodulin in disseminated intravascular coagulation patients with acute renal dysfunction.
    Thromb Haemost 117:851-859, 2017
    DOI: 10.1160/TH16-07-0547
  3. Wada T, Gando S, Maekawa K, Katabami K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A: Disseminated intravascular coagulation with increased fibrinolysis during the early phase of isolated traumatic brain injury.
    Crit Care 21:219, 2017
    DOI: 10.1186/s13054-017-1808-9
  4. Iba T, Hagiwara A, Saitoh D, Anan H, Ueki Y, Sato K, Gando S: Effects of combination therapy using antithrombin and thrombomodulin for sepsis-associated disseminated intravascular coagulation.
    Ann Intensive Care 7:110, 2017
    DOI: 10.1186/s13613-017-0332-z
  5. Tarui T, Yamaguchi Y, Suzuki K, Tsuruta R, Ikeda H, Ogura H, Kushimoto S, Kotani J, Shiraishi SI, Suzuki Y, Takuma K, Takeyama N, Fujishima S, Mayumi T, Miki Y, Yamashita N, Aikawa N, Gando S: Early evaluation of severity in patients with severe sepsis: a comparison with "septic shock" - subgroup analysis of the Japanese Association for Acute Medicine Sepsis Registry (JAAM-SR).
    Acute Med Surg 27:426-431, 2017
    DOI: 10.1002/ams2.299
  6. Umemura Y, Yamakawa K, Hayakawa M, Hamasaki T, Fujimi S: Screening itself for disseminated intravascular coagulation may reduce mortality in sepsis: A nationwide multicenter registry in Japan.
    Thrombosis Research 161:60-66, 2017
    DOI: 10.1016/j.thromres.2017.11.023
  7. Takauji S, Hayakawa M, Ono K, Makise H: Respiratory extracorporeal membrane oxygenation for severe sepsis and septic shock in adults: a propensity score analysis in a multicenter retrospective observational study.
    Acute Medicine & Surgery 4:408-417, 2017
    DOI: 10.1002/ams2.296
  8. Nakamura Y, Kitamura T, Kiyomi F, Hayakawa M, Hoshino K, Kawano Y, Yamasaki R, Nishida T, Mizunuma M, Ishikura H: Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation study group: Potential survival benefit of polymyxin B hemoperfusion in patients with septic shock: a propensity-matched cohort study.
    Critical Care 21:134, 2017
    DOI: 10.1186/s13054-017-1712-3
  9. Miyamoto K, Horibe M, Sanui M, Sasaki M, Sugiyama D, Kato S, Yamashita T, Goto T, Iwasaki E, Shirai K, Oe K, Sawano H, Oda T, Yasuda H, Ogura Y, Hirose K, Kitamura K, Chiba N, Ozaki T, Oshima T, Yamamoto T, Nagata K, Mine T, Saito K, Sekino M, Furuya T, Matsuda N, Hayakawa M, Kanai T, Mayumi T: Plasmapheresis therapy has no triglyceride-lowering effect in patients with hypertriglyceridemic pancreatitis.
    Intensive Care Medicine 43:949-951, 2017
    DOI: 10.1007/s00134-017-4722-3
  10. Kudo D, Kushimoto S, Shiraishi A, Ogura H, Hagiwara A, Saitoh D, Investigators J. Octet: The impact of preinjury antithrombotic medication on hemostatic interventions in trauma patients.
    The American Journal of Emergency Medicine 35:62-65, 2017
    DOI: 10.1016/j.ajem.2016.10.002
  11. Iizuka Y, Sanui M, Sasabuchi Y, Lefor A K, Hayakawa M, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Kudo D, Takimoto K, Mayumi T, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N: Low-dose immunoglobulin G is not associated with mortality in patients with sepsis and septic shock.
    Critical Care 21:181, 2017
    DOI: 10.1186/s13054-017-1764-4
  12. Hayakawa M, Maekawa K, Kushimoto S, Kato H, Sasaki J, Ogura H, Matsuoka T, Uejima T, Morimura N, Ishikura H, Hagiwara A, Takeda M, Kaneko N, Saitoh D, Kudo D, Kanemura T, Shibusawa T, Furugori S, Nakamura Y, Shiraishi A, Murata K, Mayama G, Yaguchi A, Kim S, Takasu O, Nishiyama K: Hyperfibrinolysis in severe isolated traumatic brain injury may occur without tissue hypoperfusion: a retrospective observational multicentre study.
    Critical Care 21:222, 2017
    DOI: 10.1186/s13054-017-1811-1

Letter to Editor(英文)

  1. Wada T, Gando S, Mizugaki A, Kodate A, Sadamoto Y, Murakami H, Maekawa K, Katabami K, Ono Y, Hayakawa M, Sawamura A, Jesmin S, Ieko M: Differences in coagulofibrinolytic changes between post-cardiac arrest syndrome of cardiac causes and hypoxic insults: a pilot study.
    Acute Medicine & Surgery 4: 371-372, 2017
    DOI: 10.1002/ams2.270

国際学会

招待講演
  1. Gando S: Trauma-induced coagulopathy and disseminated intravascular coagulation.
    The 26th International Society on Thrombosis and Hemostasis 2017 Congress, July 8-13, 2017, Berlin
  2. Gando S: Disseminated intravascular coagulation during early phase of isolated traumatic brain injury.
    The 26th International Society on Thrombosis and Hemostasis 2017 Congress, July 8-13, 2017, Berlin
  3. Gando S: DIC in Sepsis.
    Chinese Critical Care Congress 2017, September 2017, Quingdao China
  4. Gando S: Trauma induced coagulopathy.
    Chinese Critical Care Congress 2017, September 2017, Quingdao China
一般発表
  1. Yoshida T, Ono Y, Kodate A, Sadamoto Y, Tominaga N, Mizugaki A, Mmurakami H, Sageshima H, Katabami K, Maekawa K, Wada T, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Fibrin/fibrinogen degradation products (FDP) at hospital admission predict neurological outcomes in out-of-hospital cardiac arrest patients.
    Society of critical care medicine Critical Care Congress January 2017, Honolulu
  2. Maekawa K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Sageshima H, Katabami K, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Predicting intact survival after prolonged cardiopulmonary resuscitation for refractory out-of-hospital cardiac arrest - who benefit from novel therapies?
    European Society of intensive medicine Septer 2017, Vienna
  3. Yoshida T, Maekawa K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Oyasu T, Saito T, Sageshima H, Katabami K, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Termination of resuscitation rule in pediatric patients with out-of-hospital cardiac arrest.
    European Society of intensive medicine Septer 2017, Vienna
  4. Katabami K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Low-perfusion pressure induced tissue hypoperfusion does not contribute to hyperfibrinolysis in disseminated intravascular coagulation associated with isolated traumatic brain injury.
    30th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, September 2017, Vienna
  5. Katabami K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Disseminated intravascular coagulation during the early stage of isolated traumatic brain injury.
    30th Annual Congress of European Society of Intensive Care Medicine, September 2017, Vienna
  6. Sawamura A , Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Katabami K, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Gando S: Sudden death in association with subarachnoid hemorrhage.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  7. Katabami K , Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Effects of fibrinolysis and lactate on outcome in isolated traumatic brain injury with disseminated intravascular coagulation.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  8. Oyasu T , Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Saito T, Katabami K, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Efficacy of Tolvaptan on Fluid Management After Pediatric Cardiac Surgery.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  9. Tomita A , Itagaki Y, Tsuchida T, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Katabami K, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Out-of-hospital cardiac arrest of cardiac etiology increases in the elderly population.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  10. Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Katabami K, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Early prediction of brain death after out-of-hospital cardiac arrest.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  11. Kenichi K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Disseminated intravascular coagulation during the early stage of isolated traumatic brain injury.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro
  12. Kenichi K, Itagaki Y, Tsuchida T, Tomita A, Honma Y, Mizugaki A, Murakami H, Yoshida T, Oyasu T, Saito T, Wada T, Maekawa K, Sageshima H, Hayakawa M, Sawamura A, Gando S: Low-perfusion pressure-induced tissue hypoperfusion does not contribute to hyperfibrinolysis in disseminated intravascular coagulation associated with isolated traumatic brain injury.
    WFSICCM World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine 13th World Congress, November 2017, Rio de Janeiro

全国学会

講演
  1. 丸藤哲:私が考える集中治療と集中治療医学 そして救急医療と救急医学
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  2. 早川峰司: 外傷性凝固障害の病態と治療 外傷性凝固障害とDIC
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  3. 松田直之、井上茂亮、大野博司、垣花泰之、川崎達也、松嶋麻子、明神哲也、中川聡、丸藤哲:2016年度におけるGlobal Sepsis Alliance委員会の取り組み
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  4. 前川邦彦:ECMOの最新情報
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  5. 丸藤哲:教育講演2「外傷性DIC」
    第9回日本Acute Care Surgery学会学術集会 2017年9月 札幌
  6. 丸藤哲:(教育講演I-6)DIC:最新の病態生理と診断・治療-敗血症と外傷での検討-
    第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月 大阪
シンポジウム
  1. 射場敏明、小倉裕司、松田直之、松嶋麻子、澤村淳、廣瀬智也、坂本壮、山川一馬:(シンポジウム12 日本版敗血症診療ガイドライン2016を読み解く)「日本版敗血症診療ガイドライン2016」におけるDIC 診断・治療ついての推奨とその作成過程
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  2. 白石淳、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、関根和彦、小倉崇以、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:トラネキサム酸投与はどのような外傷患者に対して有効なのか?
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  3. 萩原章嘉、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、早川峰司、白石淳、小倉崇以、関根和彦、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:鈍的脾損傷および肝損傷治療の現状 前向き観察研究
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  4. 藤田基生、宮川乃理子、川副友、宮田茂樹、前田琢磨、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、白石淳、小倉崇以、関根和彦、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久、久志本成樹:外傷患者のヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia:HIT)発症とHIT抗体陽性化のメカニズムを探る前向き観察研究
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  5. 小倉崇以、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、白石淳、関根和彦、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:大量輸血予測スコアの妥当性評価 前向き観察研究
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  6. 早川峰司、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、白石淳、小倉崇以、関根和彦、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:外傷急性期における赤血球輸血の至適閾値 Cluster randomized、double-crossover trial
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  7. 吉矢和久、工藤大介、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、白石淳、小倉崇以、田上隆、一二三亨:外傷症例における多施設共同脂肪塞栓症候群レジストリの構築
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  8. 関根和彦、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、白石淳、小倉崇以、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:膵・十二指腸損傷に関する多施設レジストリー
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  9. 遠藤彰、白石淳、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、関根和彦、小倉崇以、田上隆、一二三亨、工藤大介、吉矢和久:新たな「外傷死の三徴」基準の外的妥当性を検証する前向き縦断研究
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
  10. 一二三亨、久志本成樹、齋藤大蔵、中原慎二、萩原章嘉、早川峰司、白石淳、小倉崇以、関根和彦、田上隆、工藤大介、吉矢和久:低血圧容認蘇生戦略の可能性を探る
    第31回日本外傷学会総会・学術集会 2017年6月 横浜
パネルディスカッション
  1. 太田稔、石川岳彦、丸藤哲:敗血症関連の急性腎障害に対する持続的腎代替療法の導入基準の検討
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  2. 早川峰司:脳死下の臓器提供は選択肢の一つでしかない
    第53回日本移植学会総会 2017年9月 旭川
  3. 丸藤哲、山本仁:多施設研究による日本からの情報発信(6演題)
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  4. 早川峰司:日本の敗血症性DIC 診療の実状~アンケート調査と多施設後ろ向き観察研究の結果から~
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
一般発表
  1. 丸藤哲、石川雅巳、貝沼関志、橋本圭司、立野淳子、木下浩作、吉里孝子、澤村匡史、則末泰博、美馬裕之:DNAR指示のあり方についての勧告
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  2. 早川峰司:(企画セミナー1 外傷性凝固障害の病態と治療)外傷性凝固障害とDIC
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  3. 射場敏明、小倉裕司、松田直之、松嶋麻子、澤村淳、廣瀬智也、坂本壮、山川一馬:(企画セミナー20 DIC診断と治療の進歩)「日本版敗血症診療ガイドライン」におけるアンチトロンビンの推奨
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  4. 澤村淳:(Pro-Con 5 敗血症性DICに薬物療法を行うか?)敗血症性DICには感染の制御に加えて薬物療法を行う
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  5. 斉藤仁志、舘澤亮大、早坂怜、水野谷和之、石川岳彦、森本裕二、丸藤哲:体外膜型酸素化装置を要した急性骨髄性白血病の寛解導入療法後肺炎に合併した輸血関連急性肺障害の一例
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  6. 早坂怜、斉藤仁志、石川岳彦、加藤裕貴、丸藤哲:急性脳炎が疑われ、多臓器不全、DICに至ったDoravet症候群の症例
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  7. 水野谷和之、藤好直、石川岳彦、森本裕二、丸藤哲:血友病A患者に対する脳死肝移植の経験
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  8. 加藤裕貴、太安孝允、早川峰司、澤村淳、石川岳彦、丸藤哲、松居喜郎:植込型LVADにおける終末期管理の経験
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  9. 早川峰司:敗血症性DICに対するAT補充療法の適切なターゲット 70%以下なのか?
    第39回日本血栓止血学会学術集会 2017年6月 名古屋
  10. 山川一馬、久宗遼、吉川吉暁、早川峰司、工藤大介、讃井將満、内野慈彦、飯塚悠祐、齋藤慎二郎、滝本浩平、真弓俊彦:敗血症病態における血小板減少の臨床的意義 J-septic DIC多施設研究より
    第39回日本血栓止血学会学術集会 2017年6月 名古屋
  11. 早崎淳貴、熊野穣、小林克史、早川峰司:線溶系検査項目による救急領域における心停止患者の早期状態把握
    第18回日本検査血液学会学術集会 2017年7月 札幌
  12. 小倉裕司、丸藤哲、阿部智一、池田弘人、射場敏明、上山昌史、岡本好司、久志本成樹、小谷穣治、齋藤大蔵、坂本雄一郎、佐々木淳一、椎野泰和、大友康裕、白石振一郎、田熊清継、樽井武彦、鶴田良介、中田孝明、一二三亭、藤島清太郎、藤見聡、増野智彦、真弓俊彦、武山直志、山下典雄、白石淳、萩原章嘉、水島靖明:日本救急医学会:学会主導多施設研究の発展と今後の展望
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  13. 松嶋麻子、井上茂亮、中川聡、垣花泰之、大野博司、川崎達也、松田直之、明神哲也、福井江良太、薬師寺泰匡、丸藤哲:世界の敗血症対策 WHOからの提言
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  14. 土田拓見、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、提嶋久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:単独頭部外傷時の線溶亢進型播種性血管内凝固症候群と組織低灌流に関する検討
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  15. 富永直樹、早川峰司、丸藤哲、横田裕行:重症胸部外傷における挫傷肺内Blushの検討
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  16. 早川峰司、板垣有紀、土田拓見、富田明子、本間慶憲、水柿明日美、村上博基、吉田知由、太安孝允、斉藤智誉、丸藤哲:敗血症性DICとmannan-binding lectin(MBL), collectin kidney 1(CL-K1)の関係
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  17. 方波見謙一、上村修二、佐藤朝之、七戸康夫、瀧健治、田口大、中川麗、奈良理、成松英智、牧瀬博、松田知倫、丸藤哲、提嶋久子:高齢化社会における札幌市の救急医療体制を考える取り組みと救急搬送の問題点について
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  18. 澤村淳、太安孝允、斉藤智誉、水柿明日美、村上博基、吉田知由、提嶋久子、方波見謙一、前川邦彦、早川峰司、丸藤哲:クモ膜下出血関連突然死に関する検討
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  19. 斉藤智誉、本間慶憲、鹿野恒、勝見紀文、坂東敬介、櫻井圭祐、遠藤晃生、松井俊尚、佐藤朝之、牧瀬博、丸藤哲:VA-ECMO管理中の後腹膜出血による腹腔内圧上昇に対して経皮的ドレナージ術が有効であった一例
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪

地方会

講演
  1. 石川岳彦:教育セミナー「心拍出量と関連循環諸量モニタリング」
    集中治療分化会 2017年9月 札幌
一般発表
  1. 土田拓見、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、提嶋久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:単独頭部外傷時の線溶亢進型藩種性凝固障害と組織低灌流に関する検討
    第97回北海道医学大会 2017年9月 札幌
  2. 吉田知由、板垣有紀、土田拓見、富田明子、本間慶憲、水柿明日美、村上博基、太安孝允、斉藤智誉、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、提嶋久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:小児の院外心停止患者におけるtermination of resuscitation ruleの策定
    第97回北海道医学大会 2017年9月 札幌
  3. 太安孝允、板垣有紀、土田拓見、富田明子、本間慶憲、水柿明日美、村上博基、吉田知由、斉藤智誉、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、提嶋久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:救急領域におけるフィブリノゲン製剤投与の実際と意義
    第97回北海道医学大会 2017年9月 札幌
  4. 板垣有紀、方波見謙一、和田剛志、前川邦彦、提嶋久子、早川峰司、澤村淳、丸藤哲:単独頭部外傷早期に起こるDICと予後に関する検討
    第97回北海道医学大会 2017年11月 札幌
  5. 方波見謙一、上村修二、佐藤朝之、七戸康夫、瀧健治、田口大、中川麗、奈良理、成松英智、松田知倫、丸藤哲:高齢化社会における札幌市の救急医療体制を考える取り組みと救急搬送の問題点について
    第97回北海道医学大会 2017年11月 札幌

司会・座長・助言者

司会
  1. 早川峰司、方波見謙一:1演題・ディスカッション
    札幌救急カンファレンス2017 2017年4月 札幌
  2. 丸藤哲:演題2題
    北海道DIC学術講演会 2017年8月 札幌
  3. 丸藤哲、小北直宏:(シンポジウム)PICS/ICU-AWの現状とその対策
    第97回北海道医学大会 2017年9月 札幌
  4. 丸藤哲、宮崎香織:LOVE EM! 救急への想い5 救急現場への想い
    第45回日本救急医学会総会 2017年10月 大阪
  5. 丸藤哲:パネルディスカッション14 多施設研究による日本からの情報発信
    第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月 大阪
  6. 丸藤哲:1演題(順天堂大学医学部・大学院医学研究科救急・災害医学 射場敏明先生)
    第45回日本救急医学会総会・学術集会ランチョンセミナー 2017年10月 大阪
  7. 澤村淳:(教育講演Ⅱ-14)日本からのThe New England Journal of Medicineへの挑戦~リアルワールドエビデンスの重要性~ 演者:北村哲久先生(大阪大学医学系研究科環境医学教室)
    第45回日本救急医学会総会・学術集会 2017年10月 大阪
座長
  1. 丸藤哲:敗血症を通してこれまで学んできたこと(1演題)
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  2. 澤村淳:(教育セミナー25(LS25) DICとTMA(STEC, TTP, aHUS)の鑑別診断,及びaHUSの最近の治療)1演題 演者:日高義彦先生(信州大学小児医学教室)
    第44回日本集中治療医学会 2017年3月 札幌
  3. 丸藤哲:2演題
    札幌敗血症フォーラム2017(帝人ファーマ株式会社主催) 2017年3月 札幌
  4. 早川峰司:2演題
    札幌DICセミナー 2017年6月 札幌
  5. 澤村淳:2演題
    北海道外傷研究会 2017年6月 札幌
  6. 石川岳彦:研究報告3演題
    北海道感染症治療セミナー 2017年6月 札幌
  7. 丸藤哲:DICの最新の診断と治療について
    第18回日本検査血液学会学術集会ランチョンセミナー12 2017年7月 札幌
  8. 丸藤哲:(オープニングリマークス)
    Sapporo Critical Care Gastroenterology 2017年8月 札幌
  9. 丸藤哲:Recombinant Human Soluble Thrombomodulin in Sepsis Therapies 演者:Professor Jean-Louis Vincent
    第45回日本救急医学会総会・学術集会ランチョンセミナー 2017年10月 大阪
  10. 丸藤哲:(特別講演1座長)事態対処医療―これまでになかった "災害" の形―
    第97回北海道医学大会 2017年11月 札幌

講演

  1. 丸藤哲:『敗血症性DICの病態と診断・治療』
    第9回東北セプシスセミナー 2017年1月 盛岡
  2. 早川峰司:DICの病態とその治療
    第102回地域連携学術講演会 2017年1月 前橋
  3. 早川峰司:敗血症性DICに対する治療効果に関する多施設後ろ向き観察研究に関する講演会
    東レ・メディカル(株)社内招聘講演会 2017年1月 東京
  4. 小舘旭:心肺停止蘇生後早期DICについての検討
    札幌救急カンファレンス 2017年1月 札幌
  5. 丸藤哲:(特別講演)敗血症性DICの最新の考え方と治療法-リコモジュリンの可能性-
    Critical Care Conference2017 2017年2月 千葉
  6. 丸藤哲:DICの新しい考え方、診断・治療
    日本集中治療医学会 第1回中国四国支部学術集会ランチョンセミナー 2017年2月 高松
  7. 早川峰司:DICの病態とその治療
    急性期医療講演会 2017年2月 東京
  8. 早川峰司:「日本の敗血症治療の現状とDIC治療」
    ICU Expert Seminar 2017年2月 旭川
  9. 丸藤哲:「ガイドラインにおけるIVIG療法の概要について~IVIGは役に立つのか~」
    日本版敗血症診療ガイドライン2016の最新の話題提供 2017年3月 札幌
  10. 丸藤哲:DICの新しい考え方、診断・治療
    出雲DICセミナー 2017年3月 出雲
  11. 丸藤哲:敗血症の新診断基準とDIC
    福島県敗血症フォーラム 2017年3月 郡山
  12. 丸藤哲:(特別講演)敗血症性DICの診断と治療―多施設共同臨床試験の重要性―
    第6回佐賀救急フォーラム 2017年3月 佐賀
  13. 早川峰司:日本の敗血症治療の現状とDIC治療
    第115回近畿救急医学研究会 2017年3月 奈良
  14. 早川峰司:日本の敗血症治療の現状とDIC治療 ~J-Septic DIC Studyの結果から~
    第7回神奈川敗血症セミナー 2017年3月 横浜
  15. 丸藤哲:(特別講演)敗血症性DIC―最新の考え方と診断・治療―
    第4回大阪集中治療研究会 2017年4月 大阪
  16. 丸藤哲:(特別講演)敗血症診断の変遷とDIC
    2017東海Shock Forum 2017年5月 名古屋
  17. 丸藤哲:(特別講演)敗血症性DIC治療の病態生理、診断、治療
    第5回藤が丘敗血症セミナー 2017年5月 横浜
  18. 丸藤哲:(特別講演)DICの考え方と診断・治療
    函館敗血症セミナー 2017年6月 函館
  19. 早川峰司:(特別講演)日本の敗血症治療の現状とDIC治療 ~J-Septic DIC Studyの結果から~
    敗血症セミナーin香川 2017年6月 香川
  20. 村上博基:「救急・集中治療領域における重症感染症とその対策」
    ER・ICUセミナー 2017年6月 札幌
  21. 本間慶憲:オノアクトによりレートコントロールが奏効した甲状腺機能亢進症を合併した敗血症の1例
    北海道外傷研究会 2017年6月 札幌
  22. 丸藤哲:(特別講演)敗血症の定義と診断基準の変遷とDIC
    集中治療セミナー(東京女子医大) 2017年7月 東京
  23. 丸藤哲:(特別講演)敗血症性DICの病態と治療―ガイドラインと腎機能―
    岐阜集中治療カンファレンス2017  2017年7月 岐阜
  24. 丸藤哲:敗血症の歴史とDIC
    浦添救急・集中治療学術講演会 2017年7月 浦添
  25. 早川峰司:(特別講演)外傷急性期の凝固障害~シンプルな理解の為に~
    講演会「エキスパートから学ぶDICパート4」 2017年7月 仙台
  26. 早川峰司:日本の敗血症治療の現状とDIC治療
    第27回若しゃちセミナー 2017年7月 名古屋
  27. 丸藤哲:終末期医療とDNAR
    砂川市市立病院 終末期医療における講演会 2017年8月 砂川
  28. 澤村淳:敗血症診断ガイドライン2016-敗血症におけるDIC診断とrTM治療-
    Sapporo Critical Gastroenterology 2017 2017年8月 札幌
  29. 富田明子:環境異常と薬物中毒
    KKR札幌医療センター研修医講義 2017年8月 札幌
  30. 早川峰司:敗血症性DICと外傷急性期のDIC~その病態と治療~
    第9回日本Acute Care Surgery学術集会ランチョンセミナー 2017年9月 札幌
  31. 丸藤哲:救急医療と災害医療
    函館中央病院モーニングレクチャー 2017年9月 函館
  32. 丸藤哲:終末期医療とDNARを考える
    第13回北九州ER~Critical Care Conference 2017年9月 北九州市
  33. 早川峰司:日本の敗血症治療の現状とDIC治療
    第5回南信救急セミナー 2017年9月 長野
  34. 早川峰司:救急領域の血液凝固線溶系の変動~検査結果を救命につなげる~
    シスメックス検査血液学セミナーin東京2017 2017年9月 東京
  35. 早川峰司:(特別講演)日本の敗血症治療の現状とDIC治療
    東北信DICフォーラム(旭化成ファーマ(株)主催) 2017年9月 長野
  36. 丸藤哲:(特別講演)敗血症の歴史の変遷とDIC
    第12回千葉救急集中治療「ここが知りたいフォーラム」 2017年10月 千葉
  37. 丸藤哲:人生の最終段階における医療と蘇生をしないという医師の指示を考える
    大阪母子医療センター第3回臨床倫理セミナー 2017年10月 大阪
  38. 石川岳彦:脳死判定の実際
    苫小牧市立病院ドナーアクション委員会講演会 2017年10月 苫小牧
  39. 丸藤哲:敗血症性DICの考え方と診断、そしてガイドラインとして腎機能を考慮した治療法
    第9回DIC治療フォーラム 2017年11月 千葉
  40. Gando S: 2017 AKAPA International Webinare Normal hemostasis, wound healing, and disseminated intravascular coagulation after trauma and surgery. November 16, 2017
  41. 丸藤哲:DICの新しい考え方と診断・治療
    「敗血症性DICに関する社内研修用動画」作成における講演・監修 2017年11月 札幌
  42. 丸藤哲:敗血症の定義の変遷とDIC
    秋田県能代市敗血症セミナー 2017年11月 能代

その他

  1. 長尾毅彦、丸藤哲、天野景裕:2016 HOT TOPICS 凝固分野
    日本血栓止血学会雑誌 28:83-85, 2017
  2. 和田剛志:【海外研究室Now】ボストン研究留学記
    日本血栓止血学会誌 28:760-762, 2017
  3. (委員会報告)丸藤哲、石川雅巳、貝沼関志、橋本圭司、立野淳子、木下浩作、吉里孝子、澤村匡史、則末泰博、美馬裕之、氏家良人:DNAR(Do Not Attempt Resuscitation)の考え方
    日本集中治療医学会雑誌 24:210-215, 2017
  4. (委員会報告)丸藤哲、石川雅巳、貝沼関志、橋本圭司、立野淳子、木下浩作、吉里孝子、澤村匡史、則末泰博、美馬裕之、氏家良人:生命維持治療に関する医師による指示書(Physician Orders for Life-sustaining Treatment, POLST)とDo Not Attempt Resuscitation(DNAR)指示
    日本集中治療医学会雑誌 24:216-226, 2017
  5. (委員会報告)丸藤哲、石川雅巳、貝沼関志、橋本圭司、立野淳子、木下浩作、吉里孝子、澤村匡史、則末泰博、美馬裕之、氏家良人:日本集中治療医学会評議員施設および会員医師の蘇生不要指示に関する現状・意識調査
    日本集中治療医学会雑誌 24:227-243, 2017
  6. (委員会報告)丸藤哲、石川雅巳、貝沼関志、橋本圭司、立野淳子、木下浩作、吉里孝子、澤村匡史、則末泰博、美馬裕之、氏家良人:日本集中治療医学会会員看護師の蘇生不要指示に関する現状・意識調査
    日本集中治療医学会雑誌 24:244-253, 2017

看護研究等業績

全国学会

パネルディスカッション
  1. 高岡勇子:部署の指針に則って医療チームで行う終末期医療
    第44回日本集中治療医学会学術集会 2017年3月 札幌
座長
  1. 高岡勇子:教育講演「集中治療室の看護師が拓く未来」
    第44回日本集中治療医学会学術集会 2017年3月 札幌

地方会

一般発表
  1. 小倉未由季、計良絢香、水戸のぞみ、加瀬加寿美、岩本満美:ICUでの終末期医療に対する看護師の思いと課題
    第97回北海道医学大会 2017年9月 札幌
  2. 林貴皓、菊谷麻璃菜、多羽田真理、川端和美、岩本満美:ICU看護師に対する災害机上訓練の効果と課題
    第97回北海道医学大会 2017年11月 札幌